美しい口元の条件をご存じですか?

美しい口元の条件をご存じですか?

「美しい」と感じる基準は人それぞれ違います。その基準が曖昧なまま治療に進むと、患者様だけではなく、歯科医師も困ってしまいます。東京・八重洲の「東京デンタルケアセンター」が行っている審美歯科治療では、美しい口元の基準に基づいて計画を立て、治療を行っています。こちらでは、その基準とはどのようなものなのかご紹介します。

ゴールデンプロポーション

ゴールデンプロポーション

「黄金比率」という言葉をご存じでしょうか? レオナルド・ダ・ヴィンチも強い関心を持っていたとされる理想的なバランスのことで、芸術や建築など幅広い分野で応用されています。歯科の分野では「ゴールデンプロポーション」と呼ばれ、当センターでは1本1本の歯や、歯列、歯と顔のバランスがこの美しい比率になるように治療を行います。正面から見て前歯から犬歯までの3本の歯が左右対称に1.618:1:0.618となるのが理想的です。

スマイルライン

スマイルライン

笑ったときに上顎の前歯の先端を横に結んだラインが下唇のラインと平行になっている状態が、理想的なスマイルラインです。これが平行ではないと、歯並びに問題があるかもしれません。ご自分でも簡単にチェックができますので、鏡を用意して自然に微笑んでみてください。

Eライン

Eライン

Eラインとは、鼻の先端と顎の先端を結んだ横顔のラインのことです。アメリカの歯科矯正医であるロバート・リケッツ氏が考案し、世界各国で美しさの基準として用いられています。Eラインよりも唇が少し内側にあるのが理想的だとされています。

東京デンタルケアセンターがおすすめするセラミックスはこちらから